ケノンとノーノーヘアの比較に関して

MENU

ケノンとノーノーヘアの比較に関して

ケノンとノーノーヘアは異なる特徴を持っている脱毛器です。ケノンは光を照射するタイプの脱毛器であり、ノーノーヘアはサーミコン式と呼ばれる熱線を用いた脱毛器です。違いとしてはまず脱毛効果の持続性についてです。持続性があるのはケノンの方であり、それは毛根に作用させることができるのが理由。ケノンは光を照射するタイプの脱毛器ですが、その光のエネルギーが毛根に蓄積されることによって発毛をし難い状態にさせることができるのです。ですから繰り返し使用することでムダ毛が生え難くなり、やがてはお手入れが不要になったり、あるいは最小限のお手入れで済むようになるはずです。

 

一方のノーノーヘアですが、こちらの方は効果の持続性はありません。サーミコン式は毛根に作用するのではなく、あくまでも毛穴の表面から出ているムダ毛をカットするというものです。その為、しばらくすればまた生えてきますので、基本的には繰り返しの処理を前提に使用する脱毛器です。続いて肌への負担についてですが、いずれも負担が小さくお手入れができる方法と言えます。

 

まずケノンの場合、照射レベルを調整することができ、照射される光も優しいものですので肌に負担になってしまうことは少ないのです。ただし、肌が弱いにも関わらず照射レベルを強くし過ぎたり、無理な使い方をしてしまうとたちまち肌への負担になってしまう可能性はあります。ノーノーヘアの場合も殆ど肌への負担になることはありません。そもそも肌表面に熱線が触れることがありませんので基本的には肌に対して安全に使用することができます。たとえ繰り返し使用したとしても負担になることはありません。使い勝手の面でも違いがあります。

 

双方使い勝手が良いとされる脱毛器ですが、ただケノンですとチャージをしながらの使用になりますので、や時間が掛かってしまいます。ノーノーヘアなら肌の上を転がすだけでムダ毛が処理できますので、手軽さで言えばノーノーヘアの方が上と言えるでしょう。