VIOラインを脱毛する時の体勢

MENU

VIOラインを脱毛する時の体勢

VIOライン脱毛を考えていても、実際には知らない人に恥ずかしい部分を見られることに抵抗を感じてしまい、なかなか踏み切れないというケースがよくあります。最近ではVIOライン脱毛を行う人もずい分増えていますので決して珍しいことではありませんが、施術時の体勢や痛みなど気になる点が多々ありますので、不安を持つのは当然です。Vラインとは、おへその下の三角形になっているアンダーヘアを指します。毛深い人はショーツからムダ毛が出てしまい、恥ずかしい思いをしたという人もいるかも知れません。脱毛の施術を受ける際には、紙のショーツを着用します。そして、施術時にはその紙ショーツを少しずらして仰向けになり、施術を行う箇所だけを出して行っていきます。

 

Iラインは女性器周辺の部分でもっともデリケートです。気になる施術時の体勢ですが、片足ずつ上げて少し曲げます。簡単に言うならば、片足版のM字開脚のような状態になります。粘膜に近い部分ですので痛みが心配ではありますが、最近の施術はかなり痛みの小さな方法も登場していますので、それほど不快な思いをせずに施術を受けられるケースもあります。

 

最後はOラインですが、これは肛門の周りを指します。他の部位と比べれば毛量は少ない場所ではありますが、やはり人に見られるのに抵抗を感じます。施術を受ける時にはうつ伏せになり、やはり紙のショーツをずらします。お尻には余分な贅肉がついていることも多いので、その場合には手で引っ張ったりして避けながら照射を行っていきます。このように、VIOライン脱毛を行う時には紙のショーツが用意されて、照射箇所がよく見える体勢になります。どの部分を照射する時でもやはり人に見られたら恥ずかしいと思えるような体勢になるのですが、ごく短い時間のことですので割り切って施術を受ける人も多いようです。相手もプロですからたくさんの施術をこなしていますので、任せておけば大丈夫です。